馬プラセンタ 特徴

MENU

馬プラセンタって何?

馬プラセンタ 特徴 画像馬プラセンタというのは、馬の胎盤のこと。

 

この胎盤を原料とした美容製品が、近年多く出回るように
なりました。

 

馬プラセンタには、栄養が豊富に含まれるだけでなく、衛生上や
安全面でも評価が高いため、利用されるようになりました。

 

アミノ酸を豊富に含んでいるため、若々しさを維持するのに
効果的であり、馬は体温が高い為、寄生虫が繁殖しにくいという
特徴もあります。

 

さらに、使用される中でもサラブレッドの馬プラセンタは、徹底した
衛生管理下で飼育されているため、安全性が高いと言えます。

 

 

他の動物性プラセンタとの違いは?

 

馬プラセンタよりも前に、多く利用されていたのは、豚プラセンタ。

 

手に入りやすく、安価な事から利用されてきました。

 

しかし、馬プラセンタに比べて、アミノ酸量など栄養が少ないんです。
これは、豚が1度の出産で数頭を産むため、胎盤自体が薄いのです。

 

馬の場合には、1度に1頭を出産するため、肉厚な胎盤で、栄養が豊富なんです。

 

他にも、海外では羊が多く使用されています。

 

日本ではあまり目にしません。
それは、日本産の羊のプラセンタが手に入らないから。

 

どうしても輸入という事になり、コストがかかってしまうんです。

 

羊のプラセンタは、ヒトのプラセンタと似ているため、
人に合うプラセンタと言われていますが、お値段が高いと続けられませんからね。

 

日本では、基本的に馬か豚のプラセンタが利用されているんです。

 

 

マリンプラセンタは?

馬プラセンタ 特徴 画像

 

マリンプラセンタというのは、海洋性のプラセンタ。

 

プラセンタは胎盤を意味するため、厳密に言うとプラセンタではありません。

 

動物性のプラセンタと、同じような成分が多く含まれる卵巣膜が、
マリンプラセンタと言われています。

 

現在は、鮭のプラセンタが使用されています。
鮭の卵であるいくらは、元々卵巣膜につづまれた塊。

 

この卵巣膜こそが、プラセンタなんです。

 

マリンプラセンタにも、動物性プラセンタと同じように、
アミノ酸が多く含まれています。

 

特徴的なのは、ホルモンバランスを整えると言われている、
グリシンという成分が豊富な事。

 

必須アミノ酸9種類すべて含まれているのも、
動物性プラセンタとの大きな違いです。

 

 

植物性プラセンタ

 

植物性のプラセンタは、もちろん海洋性と同じく胎盤ではありません。

 

植物性のプラセンタには、植物の胎座という部分が使用されています。

 

これも、動物性のプラセンタと似た効果が得られるため、
植物性プラセンタと言われているんです。

 

この胎座というのは、植物の種の周りの部分です。

 

植物性プラセンタにも、動物性と同じようにアミノ酸やビタミン、
ミネラルなどが豊富に含まれています。

 

そのため、美肌効果が期待できます。

 

しかし、動物性プラセンタに含まれる成長因子は含まれない為、
細胞を活性化させる効果というのは、期待できません。

 

それでも、人気がある理由は、植物性のものは天然由来で、
安全性が非常に高いという事です。